作業環境の整え

生産工程にバイパスを通す

更新日:

渋滞緩和のバイパスを作る

渋滞150×150通常の生産工程一般道と考えます。
ボトルネックである渋滞や、生産過程は信号停車、時には工事渋滞や事故渋滞などの突発的事由も発生します。
そのような事由の、信号のない、歩行者も歩かないようなバイパス工程を施すことにより特別な事態に対応することが可能となります。

特別な事態とは

特急150×150通常の過程では考えられないときにバイパスを利用します。
景色を見る余裕のないような特急券です。
現場でのそのような事態とはクレーム発生大口受注などではないでしょうか。
クレームは最大限に注視するので採算を考えずに行動しなければなりません。
大口受注は他の工程とは別ラインで考えなければ、通常のラインに停滞などの影響を及ぼすためにバイパスを使用します。

バイパスの効果とは

バイパス150×150バイパスを敷くことで一般道には影響を与えず、急務に対し対応することが可能となります。
通常の生産工程に影響を及ぼさずにバイパスラインを敷くことが最良のバイパスと言えます。
特急券を取得したバイパスラインは他の工程を無視した特別な工程と考えられ最優先でとらえられます。

バイパスへの人員動員は

ジョーカー150×150特別な事態に対するバイパス要員を確保することは至難の技です。
常日頃からバイパス要員を必要とする事態に対し対応を図らなければ成り立ちません。
そのためには、人員配置作業手順を精査することが必要不可欠です。
常日頃より、フリーマンフリースペースの活用を精査し、あらゆることに余力を考えていなければバイパスは作れません。

バイパスを使用するには様々な要因が考えられます。
特別な事態であるからバイパスが存在します。
バイパスを作る経費などを視野に入れ適材適所にバイパスを投入します。
現場ではバイパスは職長ラインと直結します。

 

 

-作業環境の整え

Copyright© エスエムシーコンサルティング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.