業務改善の考え

常に計画を見直す

更新日:

適正な朝令暮改を実施する

激動の時代だから方針が常に変化して当然である。 そのため、朝令暮改は当たり前だ」と考える経営者も多く、その考えが悪いとも感じませんが、思いつきや成り行きで実施することは避けなければなりません。
朝令暮改のような変化の早いことは良い反面、体制が崩れるリスクが伴います。

計画変更に労働者への理解は不可欠

変化のスピードが早いほど、労働者への理解は必要です。
理解を得られない朝令暮改の原因は、思いつきで決定し、軸がぶれていることにあります。
理解を得ら軸がぶれていることれないまま計画変更を遂行しては、実際に作業を行う労働者が作業の意図が理解しておらず、ゴールが不明確ではミスが生じたり、不良品が発生する原因ともなります。

計画を変えるには理由が必要

誰もが慣用作業を遂行する方が良いのではないでしょうか。
計画作業手順を変えることに理由がなければ変えない方が良いと考えます。
理由がなく、変更に根拠がなければ、それは、ムダ計画変更となり、計画内容ムダな箇所が満載です。

【大】きく【変】わることは【大変】

計画を見直し、その結果、変化を伴う場合は、指示した人だけでなく、指示を受けた人の協力なしては変わることは出来ません。
その計画変更が大きければ大きいほど大変なのです。
「【大】きく【変】わることは【大変】」なのは、当然です。
安易に考えることは絶対に避けましょう。

計画は常に精査され、瞬時の決定で、即時に実行しなければ遅れを招きます。
計画には軸があり、その軸からぶれなければムダな行動を減少させることができます。
計画変更は慎重に且つ素早く行うことが大切です。

-業務改善の考え

Copyright© エスエムシーコンサルティング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.