業務改善の考え

ルーチンワークを業務改善する

更新日:

業務のルーチンワークとは

調理150×150業務におけるルーチンワークは数多く存在します。
ルーチンワークとは、単純作業や繰り返し行う作業など一連の流れとなっている作業ルーチンワークと呼びますが、そのような動作は業務の中では頻繁に使用されているのです。
例えば、飲食業での鍋振りや包丁さばき、事務作業での電話応対から出る言葉、製造業においてはルーチンワーク化を目指し、様々なケースで見ることができます。
業務の効率化を図った会社には、ルーチンワークが存在することが当然なのです。

 

ルーチンワーク化する意義

素振り150×150ルーチンワーク化することで、考えて行動するのではなく、一連の流れとし動作や作業を自然な作業として行動することが可能となります。
頭で覚えず、体で覚えろ」などの表現は、まさにルーチンワーク化を目指す表現です。
体で覚えることで脳を使わず、是非を問わない作業が植えつけられます。
その作業の是非の判断は、作業通りに行われているか否かです。
そのため、体で覚えた一連の作業ではない作業は、「×」となります。
一連の流れとして作業をとらえるため、流れを変えることは不自然を感じます。
そのため、作業手順を間違う可能性が少なくなるなどの効果があります。

ルーチンワーク業務を改善する

伝授150×150貴社が行っているルーチンワーク業務は、どのようにして生まれたのでしょうか。
上司や先輩からの教えや何となくなど出処が曖昧であったり、ルーチンワークに更に別のルーチンワークを加えた場合などは、現在のルーチンワークを見直す必要があります。
何故なら、その作業手順の根拠が不明確だからです。
伝授された作業方法に明確な意味があるわけではなく、単に「こうやって作業をするんだ。」などと教えを受け、それが習慣として、一連の作業となったルーチンワークには根拠がありません。
ルーチンワークの積み重ねも同様です。
一連の流れルーチンワークを生み出します。
2段階のルーチンワークは紐解くことにより、新たなルーチンワークが生まれます。

業務の大半がルーチンワーク化されています。
そのためルーチンワークの業務改善を行うことは、業務の効率化に大きく影響を及ぼします。
細かい業務改善に取り組むよりも、ルーチンワークの業務改善は効果が大きいのです。

 

-業務改善の考え

Copyright© エスエムシーコンサルティング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.