作業環境の整え

生産工程をスクランブルで考える

更新日:

リスク回避ができる工程を組む

リスク回避150×150生産工程を一本の滑走路でラインを組むと一ヶ所でトラブルが発生した場合にすべての製品の生産が止まってしまいます。
全ての製品が生産ができない事態となると工場がすべてストップし出荷できない事態となります。
このような事態を避けるために、生産工程スクランブルに組むことを考え、製品が完成するルート多面化します。

スクランブル交差点の例え

交差点150×150街中にあるスクランブル交差点の使い方について考えてみましょう。
十字の交差点を斜め向かいに渡る場合、2回道路を横断する必要があります。
スクランブル交差点では、斜め方向に直接横断できる手法により歩行ルート多面化されています。
歩行者の理想ルートを可能にするスクランブル交差点です。

製品の完成ルートを精査

製品仕上げる方法多岐に渡る。
それがムダを生む要因であるとは言えません。
シンプル方式ムダを省く最良な手段ではありますが、製品が完成するルート多岐に構えることで完成にたどり着かないというリスクを軽減できます。
通常は最良シフトを組むことでムダを省くことができます。

ムダ取りの背景にあるリスク

製造工程ムダをなくすことは重要です。
しかし、ムダをなくすだけばかりを考えて、リスクを回避する策を講じなければ、日々のムダ取りが一つの危機でムダとなります。
日々のムダ取りの背景にはリスク管理を視野に入れて行わなければ大きなムダとなります。

同じ製品を一つのラインで作り続けることが一番のムダ取りです。
しかし、その方法のみでは製品が作れないなどのリスクが伴います。
リスクを回避させる手段としてスクランブル工程を取り入れ、あらゆる方面から製品が仕上がることを考える必要があります。

 

-作業環境の整え

Copyright© エスエムシーコンサルティング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.