営業職の心構え

【提案型営業】の心構え

投稿日:

営業の大事な役目

営業の仕事は自社の製品やサービスを販売すること。
しかし、売ることにとらわれ過ぎてしまい、押し売りとなることを忘れてはいけません。
訪問しても意味がない相手はいません。
売るだけが営業ではなく、そこで情報を得て会社にフィードバックすることで、次につなげることも営業の大事な仕事なのです。

情報はあらゆるところに眠る

社内では情報に限りがありますが、一歩外にでれば情報の宝庫です。
営業の交通手段は自動車・電話・バスなど多岐にわたります。
そこで飛び込んでくる情報を単に見るのではなく、診る習慣が必要です。
同じ道ばかりを通るのではなく、時には寄り道をすることで新しい発見をすることができます。

御用聞きの終焉

御用聞きは過去の遺物ではないでしょうか。
昔と今は伝達手段に大きな違いがあります。
顧客以上に情報も持たなければ営業は務まりません。
その情報が仕事に直結しなくても構いません。
相手が欲する情報を外部から持ち込む。
そこからが始まりなのです。

提案から始まる営業

現代の営業顧客へ提案できなければ継続はできません。
相手が抱えている悩み、抱いている野望、夢中になっている趣味など提案できる材料は多方面に及びます。

話し上手は聞き上手

訪問先で一方的に話す風景は良く見受けられます。
これでは、相手の欲することを探すことはできません。
相手が話さない本音を聞きだすには、相手に話をしてもらう。
そうです、聞き上手でなければ相手の気持ちは解りません。
話したい気持ちは理解できますが、ぐっと堪えて聞く姿勢を忘れないようにしましょう。

顧客の要望を俯瞰する

相手の状況がつかめれば、まずは、精査します。
相手は他の人にも同じ話を伝えています。
しかも、内容に濃さの違いがあることは否定できません。
ストレートに返すだけでなく、変化球も準備を忘れないようにします。
心の奥まで読み込み予測して提案します。
企画提案力により、さらに宿題がもらえるかが決まります。

出会いに感謝!
人・モノ・情報などすべては行動を起こすことによって得られる大事な宝物です。
その宝物を他に役立てて初めて金と変わるのです。

-営業職の心構え

Copyright© エスエムシーコンサルティング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.