業務改善の考え

【見える化】で作業改善

更新日:

見通しの良い職場

周りが良く見える環境で作業が出来ることほど快適なものはありません。
現代の社会環境には情報共有を欠かすことはできません。
職場内で共存することを念頭において【見える化】を図ることは必要不可欠です。

情報共有による【見える化】

作業を行うもの同士が、他の人が何を何時まで行うのかが把握できていなければ、連帯感は生まれません。
周りの人の作業を把握するだけでも孤独感を感じることがなく、俯瞰して見ることができ、ボトルネックを排除することができます。

自然と見える【見える化】

周りの進捗状況を見に行かずとも、自然と目に飛び込んでくることが理想です。
見落としを防ぐ効果もありますが、常に状況は変化することを考えると視覚だけで確認でいることは重要です。

数値化する【見える化】

【見える化】を図ることには、視覚だけで判断できないことを共有することも重要な要素です。
図・表・グラフなどにより見えないことを見える化することは視覚として共有することができます。

デジタル化が阻害する【見える化】

作業過程においてデジタル化などの機械化は不可欠な時代となっています。
しかし、デジタル化は情報を見に行く行為が発生するため【見える化】を阻害する要因となる可能性があります。
情報管理と情報収集を精査して機械化を図ることが必要です。

情報を共有することはモノづくりにとって重要な要素です。
 知識や感覚などの数値では表せない事項を数値化したり、伝達が確実に行われるために、目で見る管理を遂行します。
 思考するのではなく、視覚で捉え、瞬時に判断できる【見える化】に取り組まなければなりません。

 

-業務改善の考え

Copyright© エスエムシーコンサルティング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.