作業手順の方法

台車の効率良い運搬方法

更新日:

台車の効率性

業務改善材料や商品の運搬には様々な方法が用いられています。
トラックやフォークリフトなどの動力を利用した設備から、台車や手持ちなどの人力まで多岐に考えられます。
その中で導入に比較的低コストであり、汎用的な台車は様々な用途に利用することができます。

折りたたみ式、スタッキング式、平タイプや多段式台車など様々なタイプに加え、キャスターを変えることで少しの段差にも堪え得ることができます。

しかも、台車の使用には、運搬のための段取り作業が少ないなどの効果があります。
そのような台車を利用することでムリな体制を防ぎ、人が商品を持ち抱えて運ぶこと以上のワークを運搬することが可能となります。

ワークの所在を明確にする

業務改善作業場から他の作業場へ台車を用いて運搬する際に、どの台車のワーク積載記録が明確でない場合、ワークを探す時間のムダが生じたり、ワークの紛失にもつながります。
そのため、台車は積載しているワークの明細や数量を管理する必要があります。
作業場からA製品10個、B製品5本を台車に積載すれば、作業場からの出庫処理とワークへの積載処理を行います。
同様にワークから他の作業場へ荷卸しを行う際にもワークからの出庫処理と他の作業場への入庫処理となります。
工場内において工程が多く、ワークの移動が多い工場であれば、特にワークの所在管理が必要です。
しかし、その都度、記載する行為や数えるなどを行っていては時間のムダが生じます。

ワークに一つの表示を付ける

業務改善製造番号や枝番などの表示伝票を付けワークと共に運搬されることが必要です。
伝票に製造番号を記載し、台車にワークを積載する際に、同時に伝票も付随します。
1枚の伝票や1つの工程番号により工場内を運搬することによりワークの所在が明らかとなります。
しかも、番号を1つしかもたない1枚の伝票であるため伝票の転記による時間のムダや転記のミスがありません。
工場内にワークに対して1つの伝票が付随することで一括管理することが可能となります。

適切な台車を選ぶ

業務改善運搬ルートや運搬物により適切な台車を選ばなければなりません。
なぜなら運搬器具で作業スペースが狭くなることが生じてはなりません。
台車の数は多く必要であれば収納に便利な折りたたみやスタッキング台車の利用します。
重量物の運搬に要するのであれば主要部分は溶接され、キャスターも精査しなければなりません。
しかし、台車の種類は多く選定に悩むことは考えられます。
そのように理想の台車を思い描くのであれば、製造業なのであれば作ることです。
それは、独自で製造したりカスタマイズすることが製造業には可能であるからです。
既製品の台車を使用しなければならないという枠にとらわれず独自の設備を用いることも必要です。

運搬だけではワークの価値を高めることはできません。
そのため運搬の時間を最小限とすることや低コストを図ることはコスト削減に大きく反映します。
運搬に係る工数を減らすことで運搬時間を削減し製品のリードタイムを削減することができます。

作業現場の相談役
現場実践型-業務改善コンサルタント
エスエムシーコンサルティング SMCCONSULTING

 

-作業手順の方法

Copyright© エスエムシーコンサルティング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.